« バジル・アタック・ファーストインプレッション! | トップページ | 夜盗虫めっ!! »

2013/06/13

関西は快晴どころか猛暑日です。

2013_06_13_basil_base
本日のバジル基地の様子です。茂りまくっています。全体的には縦伸びになってきたんですが、それでも20cm行かない位です。バジルエリートは上を取ってしまった為、他のバジルと同程度のサイズになりました。また別のバジルが葉の直径11cmを記録しました。
悩ましいのはこの育ちっぷり、肥料をきらすと葉がくしゃくしゃになる為、仕方なく肥料をあげる。そしたらまた葉がでっかくなるを繰り返してしまいます。

前回の書き込みの間に、ジェノベーゼソースをトライしましたが、青臭く、バジルを触った時に感じるあの香りは全くありませんでした。どうにも失敗した理由が分からずネットで色々調べてみるとまず、

・葉は若いと苦く、育ちすぎると青臭いとのこと。
・葉だけをソースにするが、真ん中の筋まで取るケースもある。茎なども青臭い
・にんにく(多すぎると駄目)やチーズ、松の実等のナッツ類のバランス
・ソースを作ってから日を置く必要がある。青臭さをとばす。
・ソースの色味が悪くなるが食べる前に少し熱を通す。

等に気を遣わないといけないそうです。

そしてもう一点気になることがあります。(これが一番肝心)

・青臭くて、これはフレッシュだから美味しいという人が居る。
・青臭さを感じていない人が居る。
・青臭いものに敏感な人が居る。(ウチはこっち、元々野菜が苦手だった為)

自家製で青臭くできてしまったソースの改善方法聞いている人達への返事が、いまいち当を得ないケースが多く、「青臭さ」に対する認識がそもそも違うと思われる所がたびたび見られました。食べログ等では、お店のバジルのパスタに青臭くて食べられないとの感想があり、これに対しての意見はありませんでしたが、一方で青臭くてフレッシュでおいしいと言っている人とは全く相反します。

2013_06_13_basil_pickup ウチがそもそも調味料として乾燥バジルしか使ったことがないので、バジルの味を知ろうと昔に、「青の洞窟」というレトルトのバジルソースを買って食べようとしたことがありました。ところが知らないだけにチーズ入っていることも分かって居らず、「いやっコレ傷んでいる」と捨てた記憶しかありませんでした。今回色んな事を調べてコレも分かったことですが、青の洞窟ではペコリーノチーズだったか?本場の臭いチーズを使ったある意味プロ仕様のソースだった為、素人がいきなり手を出しても臭くて食べられないものだと知りました。
そんなあまり良くない経験からのスタートでしたので、まずは優しそうな所からトライということで、キューピーのバジルソースを買ってきましたので、これをトライしてみて、後に自分で作るジェノベーゼソースセカンドエディションの礎にしようかと思っています。

最後に遊びで植えた安納芋の育ち具合です。一体どこから根が出ているのか。植え替えの時にみてみよう。
2013_06_13_unknown

|

« バジル・アタック・ファーストインプレッション! | トップページ | 夜盗虫めっ!! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関西は快晴どころか猛暑日です。:

« バジル・アタック・ファーストインプレッション! | トップページ | 夜盗虫めっ!! »