« | トップページ | 前回の更新からのトマト枝とゴーヤのまとめ。 »

2013/08/15

トマトのそれから…

今日はバジル基地も前回と殆ど変わらないので写真割愛しました。

毎日花に付く芋虫は捕ってはやっつけてを繰り返しています。花が咲くようになり花穂が途中で折られてるのをみたら確実にそこにいたりします。
こっちは花が咲き、種が出来るのを楽しみにしているだけに腹立たしいことこの上ない。
毎日ピンセットで激闘です。

んで、まだひと月経っていないのですがトマトのレポートを。
買ってきた30cm程の苗からプランターに。
その後急な豪雨でなんとプランターごと転げ落ちるという大惨事に。

理由は今流行の軽い土にプラスティックの丸いプランター。育ち始めたトマトの苗は上の方が重たかったみたいで風に簡単に煽られたようです。

その時に付いていた緑色の実はごっそり落ちてしまいました。

それからプランターを入れ替えしますと、土の範囲が拡がったこともあってトマトは急成長。
既に背丈を超え始めました。
まめに脇芽の処理とかもしていたのですが、知らず知らず根元から脇芽が出てたりいつの間にかV字に育ってたりと形が不規則になってきました。

んでプランターが転げ落ちたときに根元から折れた枝を、冗談半分にトマトプランターの土の余っている場所にぷすっと刺していたら、2日程萎れていたのがドンドン復活してきました。
まさかと思い土を掘ってみると新しい根が出始めていた為、前回の事故で空いたプランターに植樹?してみたらこんな状態。

2013_08_15_tometo_03 もう普通の買ってきたときの苗より大きな状態に。

実はバジルと似た意味で生命力が強く、脇芽をそこそこに育てて折っては、それを水に浸け、根がでたら植えるなんてことを繰り返すとバンバン苗が出来るそうです。

今回のこれはそもそも水に浸けての養生すらせずに育ち始めたものです。

で、まぁこんな乱暴なのもどうかと思い、根元に生えてきた別の脇芽を一つもぎ取り、今回は水に浸けて根が出る様子も見てみたいと思い一つ作ってみました。

2013_08_15_tometo_01 何故か根元から脇芽が気づかないうちに生えてるんですよね。まだ後一本出ているのですが、あまりやると根元なだけに、本株が傷んでしまう可能性があるかと放置しています。
この大きさで花も咲き、これが気づかないうちにってのも変なのですが、実際全然気づかないままでした。

んでこれペットボトルに水を入れて2日目です。土に直接の一回目のはさすがに2日ほど萎れていましたが、こちらの水に浸けている物は折ったその日からずっとこの健康状態を保っています。

バジルでもしばらくはしおしおに萎びるのに、トマトのこの様子を見る限り根は簡単に出てきそうだと期待しています。

花も元気な様子です。こちらが拡大したものです。2013_08_15_tometo_02
よく見ると穂から花があり、写真手前に巻いて下からもう一度巻き上げています。カタツムリみたいな状態ですね。この花が全部咲いたら多分10連以上になるんじゃないでしょうか。

勿論、植物栽培全て今年初めてトライするせいもあさんですので、ずぶのシロウトです。実の成る野菜は何かと難しいイメージがありますのでどうなっていくかはわかりませんが、これだけの花が付いているとわくわくしちゃいますね。

うまく育てて、2株で4株以上トマトを穫りたいと強欲な想像をしています。

何せ豪雨でいっぱい既に実を落とされたしな!!!

農家さんの苦労や、知恵、工夫を事件が起きてから毎回身をもって知ります。今年は知識の上でも実のある一年となりそうです。

|

« | トップページ | 前回の更新からのトマト枝とゴーヤのまとめ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トマトのそれから…:

« | トップページ | 前回の更新からのトマト枝とゴーヤのまとめ。 »