« 2014年3月 | トップページ

2014/05/05

ひと月程経って。

2014_04_28_base 今年の基地スタートの様子です。
前回の反省点として、

ガレージがいつでも使えるようにプランターにタイヤを付けて移動式に。
作物のサイズにあったプランターに入れ替えしました。20L程のものに。
右手の4つは昨年の土に再生材を入れてリサイクル。
去年実績のあった「タキイの培養土」をメインに。

といった感じです。っで、今年はトマト、かぐら南蛮、ゴーヤ、ステビア、パッションフルーツをトライします。
昨年のトマト栽培のきっかけは、色んなモノが育ち実がなるモノが作りたくなって、確か8月にわずかに売れ残っていた苗でトライしました。プランターのサイズや肥料、水のやり方、葉の様子から健康状態を読み取る等、色んな点で至らずでしたので、苗の購入、時期からばっちりのスタートを目指しました。

右下は昨年から越冬できたレモンバームです。秋からのものなので、今年は花が見てみたいです。

写真が一週間前のものなので特に何も植えてないようにみえますが、トマト、ゴーヤ、パッションフルーツは既に少し植えています。また苗で待機中なのが、かぐら南蛮、トマト一部といった感じです。
2014_04_28_tomato 2014_04_28_gooya 2014_04_28_kagura



トマトは、サントリーから出ている変わった名前のもの色々です。またトマトの詳しい話は後々っ。真ん中がゴーヤ。これは去年育てたものの種からです。そしてトレーに沢山がかぐら南蛮。PCの上で苗を育てました。エリートチームはポットに移し替え、すでに6枚目の葉が出始めています。
2014_04_28_jinengyo で上のが毎年ムカゴ取り用に家に自生させていた山芋。自生しているものは栄養状態のこともあり、芋があまり出来ずムカゴばかりが大きくなっていましたので、色々調べてみて植え直ししてみました。
なんでも、芋から蔓の間の地面に這うように生える根には栄養を。芋の辺り、髭には栄養が無い状態が芋をつくるのによい状態なのだそうです。
自生している環境もそうみたいですね。落ち葉の腐葉土の辺りは根。地下奥に行くほど栄養のない場所となり芋の成長場所となるようですね。それに近いように、下は赤土、上だけ培養土と肥料を置いた状態です。

まだあれこれと言いたいこといっぱいなのですが、またすぐの更新でっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ