2012/05/11

検索くん鳳凰暫定版です。

「kensakukun_houoh_application.zip」をダウンロード

「検索くん」の新作を作ろうかと思いつつ、レシピの更新が必要な為、チェック用データとして従来の「検索くん」に鳳凰までに追加されたレシピをセットにして公開です。

1MBしかアップ出来ない為、すぐ下の記事にマニュアルを添付しました。初めて使用される方はマニュアルも一緒にダウンロードしていただけると良いかと思います。
ZIPで圧縮してあるので必ず解凍してから使用してください。解凍されない場合、レシピが出ない不具合が起きます。

レシピチェック用ですので、レシピ間違いがありましたら是非こちらにレスを下さいませ。ご協力よろしくお願いします。

マニュアルにも書かれておりますが、旧「検索くん」にレシピの追加しただけですので、本体が表示出来ない一門所領による加工等のアイテム区分等の表示がされないモノがありますが、レシピ自体に関わる物ではなく、動作上の影響はございません。ご理解くださいませ。

最新版はフラッシュの勉強をしなおしてからとなりますので気長にお待ち下さい。草案としてはコストボックス等を付け、生産にかかわる必要経費の算出機能、インターフェイスの一新を考えております。良いアイディアありましたら是非教えて下さいませ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マニュアル

「kensakukun_houoh_manual.zip」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/14

ここは一体?!

元々はノブオンがらみで始めたブログだったりするんですけど、全く級!!

にっ、ノブオンのお取り扱いはございません。お近くの店舗にてお問い合わせ下さい。


じゃなくって!!
とうとう新しいパッケージ「破天の章」の紹介が公式HPにて発表されましたね。
また、それと共に開発本陣では、

ボスの奪い合いが無くなる。
付与石の経済的負担がへる。
怪我の短縮。
早馬なる高速ゾーン移動手段。

と沢山の利便性に対する要望を叶える素敵なパッチが用意されました。

んで主役の「破天の章」の一番の目玉は、新職業「傾奇者(かぶきもの)」!何者っ!!
相変わらずのコーエーです。大切な情報はうすーめです。
んでまぁ、載っている事からしますと、物理、術などの連携用技と属性やフィールドに与える効果術などという、他のゲームでいうエンチャンター(付加魔法)、ドルイドやソーサラー(精霊・四元素魔法)辺りがお仕事のようです。神職のまた違った版っぽいですねー。
生産はお化粧だそうです。個性出すのにはモッテコイカモ!!
ウチとしてやってみたいことは、顔全部真っ黒にして見るとか、だいぶ前に流行った山姥メイクとかw実際山姥いる世界なのでなんともだけど.........。

目新しい他の内容としては、新ゾーン、新モンスター、自動売り子、宝玉システム、新装備等と色々楽しそうです。また目録や、新しい生産、新しい能力アップもあるそうです。

ちと面白そうなのがドロップアイテムで得られる宝玉を装備につけて、各々の特殊効果や、石同士の共鳴効果などによる、こーマテリアな感じ!な宝玉システム。

まぁこれ以上の詳しいこと等については、みんな公式HPを見るのだっ!

ってリンク貼ったらみんな飛んでいってしまう!
既に新情報に関わる論議が公式HPでは色々と展開されていますが、ここでやっぱノブオンしている人は少し変だよっと思うところもあるのです。
新しく入る「早馬」(高速移動手段)について、「そんなものは要らない」だとか、「早馬で来てって強制とかされたら」とか..........。なんで便利になることに抵抗があるのかよく分かりませんw 正直な話、ノブオンはある意味実際の戦国時代より不便とか、足りないと感じることが山ほどあるような気がします。戦国時代を言い訳に、今まで他のゲームであって当然の機能すらなかったので、素直に喜びたいですねw

あとは公式掲示板にあった論議の「合戦の活性化」については今回の「破天の章」では全く触れられていません。というか合戦無視っぽいw 早速掲示板に「合戦どうなっているー」みたいな書き込みがありましたw 合戦離れしている現状では、そこに目新しいモノを期待するユーザーをターゲットには出来なかったのではと推測します。今後はウチみたいに合戦が苦手な人が積極的にしたくなるようなパッチとかあたってほしいなー。

ううーん、新しい装備格好良すぎ!&武器とか光るらしいっ!忍者跳び蹴りしてたっ!!

ところで、この間の「ふんわり名人」お母さんに少し食べさせたら、「おいしくないわ。」とか言いながら凄い減ってたので「おいしかったんやろっ?」って聞いたら、「何処で売っているの?」っておいしかったと一向に認めないので、「認めたら売っているところおしえてあげるわ。」って言ったら「おいしかった。」と自供しました。

んで、この間食べ過ぎたからとお母さんが同じモノを買ってきて返してくれたのですが、半分程食べて残りを渡しました。
暫くしてお父さんが晩ご飯を食べている時にお茶を取りに行ったら、お父さんがこっちを向いて「これ、えーっ、これ、これおいしいわー、何コレこんなんあるの?これ、おいしいわー。」とばくばく「ふんわり名人」を食べていました。「いいから晩ご飯たべーよ!」とツッコミを入れておきましたが止まる様子はありませんでした。「ふんわり名人」は広がりつつあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)